買い替えをご検討の方へ

まずはお電話で価格を確認。0120-119-959 法人・個人問いません

買い替えをご検討の方へ

対応年数が来ている方、消耗品の期限が来られた方

AEDの購入方法について

AED 製品

AEDの購入方法は買い取り・リース・長期レンタル・短期レンタルに分かれます。
今から買い替えをご検討の方は、購入方法についてもご検討されていると思います。まずはお客様にあった購入方法をご提案致しますので、ご相談したい方はお気軽にお電話下さい。0120-119-959

買い取り

AEDの本体の保障期間は大半の機種が5年間です。その間にバッテリーや電極パッド等の交換費用が掛かります。しかし、頻繁に使用される場合以外は圧倒的にトータルコストを抑えることが可能です。万が一の為のAEDはより多くの台数が設置されることが望ましいでしょう。初期費用の問題が無ければリースで払う総費用を考慮すると約2倍の設置台数を確保可能です。

リース

リースのメリットについては初期費用が小額で済み、新品を使用できることです。医療関係の施設などではAEDを使う可能性が高まります。実際に消耗品の交換が頻繁なケースでは定額支払いのリース契約は結果的にコストカットに繋がります。リース契約で導入を検討されても良いでしょう。

AEDlease イメージ図

長期レンタル

リースとの違いはレンタル会社との契約になります。レンタル会社が所持しているAEDをレンタルすることになりますので新品とは限りませんが自由にレンタルの期間設定を行うことが可能で、中途解約や延長もできます。使用期間が不確定な場合などはお勧めです。

短期レンタル

 

AEDレンタル イメージ図

イベントなどで一時的に使用し、終了後、保管場所で管理者が不在になる場合は短期間のレンタル契約がお勧めです。長期レンタル同様、中途解約や延長もできます。

気になるお値段とお見積りについて

弊社はAEDの普及No1を目指しています。価格については自信がありますが、しっかりとご納得いただいた上で、購入して頂きたい。と考えています。
その為、弊社ではお見積り時には、製品のパンフレットはもちろん、お客様からいただいた声などの資料も同封しています。
これらは、メールでのお見積り、FAX、郵送にもお付けしています。一部お届けする枚数が多くなってしまうものには、お客様の声などはお付けしていませんが弊社製品における違いや、不明点を無くそうという思いからお付けしています。

お客様からよくご質問いただく内容で、「この製品(NF1200)とこの製品(CU-SP1)はどう違うの?」というご質問をいただきます。
一見するとあまり違いが無いように思いますが、小児の対応一つとっても、小児用パッドを購入する場合と、小児用モードを搭載しているAEDでは操作方法が変わってきます。お見積りも製品一式。と言う事書き方ではなく、ご納品する全ての物を記載しております。
分かりやすいお見積りと、お見積りをご覧いただいた後に、気になる点が一つでもあれば、それは価格についてでも構いません。
お電話いただきたいと思っております。

簡単お見積りはこちらから

AED無料相談受付中 無料の「AEDコムのAED相談窓口」に相談してみませんか? AEDについての疑問・質問、ご相談を受け付けています。お問い合わせはお気軽に0120119959